アットノンはヒルドイドの代わりになる?顔ならヒルドイドが断然おすすめ!

ヒルドイドジェル

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

ヒルドイドの代替として評判のアットノン

アットノンってどんな薬?

「アットノン」は小林製薬から発売されている塗り薬です。
アットノンには傷跡、やけどの跡、ひじ・ひざのかさかさなどを改善する効果があるとされています。
現在発売されているのは「アットノンEXクリーム」「アットノンEXジェル」「アットノンローション」「アットノンコンシーラータイプ」の4種類です。

アットノン公式サイトはこちら

なぜヒルドイドの代わりになると言われるのか?

アットノンはヒルドイドと同様に有効成分としてヘパリン類似物質を含んでいます。
ヒルドイドは保湿剤ですが、アットノンではヘパリン類似物質の代謝促進効果に着目し、肌のターンオーバーを促す事で傷跡の修復を行うのが目的です。
ヘパリン類似物質を利用しているため、代謝促進のみではなく保湿や血行促進などヒルドイドと同じ効果が得られるのではないかと考えられています。

ヒルドイドは病院で処方してもらわなければいけないため、使いたい時にすぐに手に入らない、欲しい量を購入できないという難点がありました。
アットノンは第2類医薬品なので薬局・ドラッグストアでも取り扱いがあり、ヒルドイドの購入が難しい人でも気軽に手にする事ができます。

アットノンシリーズの商品

アットノンEXクリーム

柔らかいクリームタイプの塗り薬です。

こちらの商品は有効成分としてヘパリン類似物質のほかに「アラントイン」と「グリチルリチン酸ニカリウム」を含んでいます。
アラントインは傷修復作用・抗炎症作用・抗刺激作用を持ち、敏感肌やニキビ用の化粧品にも使用される事もある肌に優しい成分です。
グリチルリチン酸ニカリウムも抗炎症作用を持つ成分で、口内炎の薬や目薬などに利用される事もあります。

商品名にEXと付いている事もあり、傷跡の修復と炎症を抑える事に特化した商品である事がわかります。
保湿剤であるヒルドイドソフト軟膏・クリーム・ローションよりも、抗炎症剤のヒルドイドゲルの働きの方が近いかもしれません。

有効成分 含有量(100gあたり)
ヘパリン類似物質 0.3g
アラントイン 0.2g
グリチルリチン酸ニカリウム 1g

アットノンEXジェル

アットノンEXジェルもアットノンEXクリームと同じく「ヘパリン類似物質」「アラントイン」「グリチルリチン酸ニカリウム」の3つの有効成分を含んでいます。

効果・効能や価格はアットノンEXクリームと変わりがないので、好みで選ぶと良いでしょう。
しっとりした使用感が良い場合はクリームタイプを、さらっとした使用感が良い場合はジェルタイプがおすすめです。

有効成分 含有量(100gあたり)
ヘパリン類似物質 0.3g
アラントイン 0.2g
グリチルリチン酸ニカリウム 1g

アットノンローション

伸びの良いローションタイプのアットノンです。

有効成分はヘパリン類似物質のみで、アットノンシリーズの中では最もヒルドイド(ヒルドイドローション0.3%)に近い仕上がりになっているのではないかと思います。
小林製薬の公式サイトの説明では、虫刺されや乾燥肌のかきむしり跡などの広範囲に使用する場合に向いていると書かれています。

有効成分 含有量(100gあたり)
ヘパリン類似物質 0.3g

アットノンコンシーラータイプ

こちらはヒルドイドや他のアットノンシリーズと比べると少し特殊な商品です。
薬自体が不透明の肌色をしていて、コンシーラーのように傷跡を隠しながら治療していくというコンセプトのようです。
夏などの薄着の季節は肌の露出が増えてしまうので、治るまでの間隠せるというのはのはなかなか良いアイディアですね。

有効成分はヘパリン類似物質のみで、傷跡修復の効果としてはローションと同じとみて良さそうです。
ただし、傷跡を隠せるという副次的な効果もあるためか他のアットノンシリーズよりも内容量が少なく割高な価格設定になっています。
コンシーラータイプは衣服に付着してしまうという欠点もあるので、露出してしまい目立つ傷跡にはコンシーラータイプを、隠れてしまう部分には他のアットノンやヒルドイドを利用するなど使い分けると良いと思います。

有効成分 含有量(100gあたり)
ヘパリン類似物質 0.3g

アットノンは顔への使用は不向き

薬を使用する際にはパッケージの説明や中に入っている添付文書には1度目を通しておきましょう。
アットノンシリーズの添付文書の効能・効果の欄には、どれも「きず・やけどのあとの皮ふのしこり・つっぱり(顔面を除く)」という記載がされています。
さらに、アットノンローション・アットノンコンシーラータイプの2つについては、注意書きとして「顔面にあるやけどのあと・傷跡、かさぶたには使用しないこと」という記載もあり、顔への使用は避けるように促しています。
コンシーラータイプはいかにも顔に使えそうな雰囲気がするだけに少し残念ですね。

アットノンはパッケージ写真も脚や腕を写したものを使用しており、このような部分の傷跡への使用を想定した商品のようです。
塗り薬なので特別肌に悪い成分は使用されていませんが、メーカーが推奨していない使い方は控えた方が良いです。

ヘパリン類似物質を含む市販薬はアットノン以外にもたくさん発売されています。
顔に使用したい場合は顔への使用が可能と明記されているものを選んで購入した方が安全です。
アットノンを製造している小林製薬からも「Saiki(さいき)」という顔に使えるヘパリン類似物質配合の商品が発売されています。

医療用医薬品であるヒルドイドは、もちろん顔へも安心して使用できる塗り薬です。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。