ヒルドイドは顔に塗っても大丈夫?ソフト軟膏とクリームは同じもの?

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

ヒルドイドシリーズは全部で3種類!

日本で保湿剤として製造・販売されている「ヒルドイド」シリーズには下記の3種類があります。
どれも有効成分であるヘパリン類似物質を0.3%含み、これによる保湿効果には差がありません。
違いは有効成分以外の「基材」と呼ばれる添加物の部分です。
・ヒルドイドソフト軟膏0.3%。
・ヒルドイドクリーム0.3%。
・ヒルドイドローション0.3%。

ヒルドイドソフト軟膏0.3%

ソフト軟膏はヒルドイドシリーズの中で最も油分の含有量が多く、被覆性が高いため効果が長持ちすると考えられています。
使用感としては、人によっては油分による塗布部分のべたつきが気になるかもしれません。
ソフト軟膏は副作用の報告がなく安全性も高いため、現在病院での処方が最も多く主流となっている商品です。

ヒルドイドクリーム0.3%

日本で「ヒルドイド」として最初に発売が開始されたのがクリームタイプのものです。
1954年の発売から実に半世紀以上も愛されている歴史ある商品です。
ソフト軟膏よりも油分が少なく、べたつきが気になる人にも使いやすい使用感になっています。

しかし、クリームに含まれるアルコール成分が肌に合わない場合は刺激となりかゆみやかぶれを発症する場合もあります。
副作用が起こる可能性はとても低いですが、敏感肌の人や皮膚疾患などがあり心配な人はソフト軟膏かローションタイプの方が安心して使用できます。

ヒルドイドローション0.3%

ローションタイプは最も油分が少なく、乳液状でさらっとした塗り心地です。
伸びが良く塗り広げやすいため、背中などの広範囲に塗るのに適しています。
そのため、全身に塗る事を想定されている場合はローションタイプを処方される事が多いです。
被覆性はソフト軟膏・クリームより低いため手などの露出する部分に塗った場合には落ちやすいのが欠点と言えます。

顔に塗るとどんな効果があるの?

ヒルドイドは全身に使える保湿剤なので、もちろん顔にも塗る事ができます。
乾燥してバリア機能の低くなった肌をヒルドイドで保湿する事で、皮膚の健康状態を回復させる事ができます。

また、ヒルドイドに含まれるヘパリン類似物質は肌の保湿をするだけでなく、血行促進効果や代謝促進効果を持ちます。
これらの効果がうまく組み合わせて発揮される事により、シミ・ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルの解消も手助けする事ができるのではないかと注目されています。
「ヒルドイドには美容効果のある成分は含まれない」として肌トラブルの解消には懐疑的な声もありますが、少なくとも根本原因が乾燥や血行不良・代謝機能の低下である場合には効果があると言えそうです。

ニキビケアに使用したい場合

シミ消しに使用したい場合

毛穴の開き・黒ずみの解消に使用したい場合

顔に塗るにはどのヒルドイドが向いているの?

顔全体のスキンケアに使いたい!

美容液や乳液のような軽い塗り心地が良い場合はローションタイプが使いやすいです。
ローションタイプは伸びが良いのでむらができず肌に自然に馴染みます。
肌の乾燥が酷くしっかりと塗りたい場合はソフト軟膏やクリームを使用しても悪くはありませんが、カバー力が高い分皮膚の表面に膜を張ったような違和感を感じる人もいるようです。
「これは顔には使わない方が良い!」というものはありませんので、肌状態や使用感の好みに合わせて選んでみてください。

シミ・ニキビなどピンポイントに使いたい!

顔のごく限られた一部分にしか使用しない場合はソフト軟膏やクリームなどの油分が多いものの方が定着が良く使いやすいです。
ローションタイプは乳液状なので、ピンポイントに塗るよりもある程度の面積に塗り広げる使用方法が適しています。

またシミ消しなどの代謝促進効果による肌トラブル解消を期待する場合は、毎日継続して塗り続ける事が大切です。
ローションタイプは使用感は良いのですが落ちやすいので、場合によっては1日に何度も塗り直す必要が出てくるかもしれません。
バリア機能の落ちた肌はヒルドイドを塗る事自体が摩擦刺激となり負担がかかってしまうため、頻繁な塗り直しは逆効果です。
ソフト軟膏やクリームであれば効果が長持ちしやすく、塗り直し回数も少なくする事ができます。

顔に塗る際の注意点

ヒルドイドは安全性の高い薬ですが、粘膜に塗ってしまうと刺激を感じる場合があります。
顔に塗る場合は唇や目・鼻などの内部には直接触れないように注意しましょう。

また、傷や炎症が起っている部分・出血がある部分も悪化する可能性があるため塗るのは避けてください。
ヒルドイドは即座に皮膚に浸透する薬ではないので、もし誤って付着してしまった場合はすぐに拭き取ったり洗い流してしまえば問題はありません。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。