アトピーによる乾燥にはヒルドイド!しっかり保湿して綺麗に治そう!

ヒルドイドジェル

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

アトピーってどんな病気?アレルギー?原因や治療法は?

アトピー性皮膚炎とは

単にアトピーと言われる場合、アトピー性皮膚炎を指す場合がほとんどです。
肌が乾燥して赤くなったり、かゆみをともなうイメージがありますが実際にはどんな病気なのでしょうか?

原因についてはまだ解明されていない部分も多いですが、アトピー性皮膚炎はアレルギー性疾患の一種とされています。
一般的なアレルギーの場合、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)に触れた際に体に様々な変化が起こります。
例えば花粉症であればくしゃみや鼻水が出たり、目がかゆくなるなど主に粘膜に異常が出ます。
食物アレルギーの場合はじんましんや唇の腫れなどの症状が出る事が多いです。
アトピー性皮膚炎の場合は、もともと皮膚のバリア機能が低い人に発症しやすく、アレルギー反応が皮膚に表れてしまいます

一般的なアレルギーであればアレルゲンと接触しないように気を付けて生活していれば問題ありません。
しかし、アトピー性皮膚炎の場合はダニ・ほこりなど身近な物がアレルゲンとなっている場合が多く、皮膚の常在菌までもがアレルゲンとなっている場合があり完全に切り離して生活する事は困難です。
そのため常にアレルギー症状として炎症が出続ける事になります。
もともとの皮膚のバリア機能が低い事に加え炎症も出てしまった肌はとても敏感で外部刺激に弱く、合併症も引き起こしやすくなってしまいます

アトピー性皮膚炎の主な症状

  • 乾燥…皮膚の水分量が減少する。
  • びらん…皮膚がはがれ、ただれを生じる。
  • 紅斑…皮膚に赤くなり腫れあがる。
  • 苔癬化…皮膚が分厚く硬くなり、皮膚のきめが荒くなる。

治療法

アトピー性皮膚炎の発症には体質が関わっているため、完治するのは難しいというのが主流の考え方のようです。
原因となっているアレルゲンも人により様々なので、一概にこの治療法が最適!と言えないのがアトピー性皮膚炎の難しい部分です。
海水により殺菌すると良いと言う人もいれば患部にしみて悪化するので逆効果だと言う人もいます。
この辺りは病院で相談しながら色々と試してみると良いでしょう。
自分に合った治療法をうまく見つける事ができれば、ほとんど目立たないほどに症状を抑える事も可能です

生活習慣の改善

肌のバリア機能が低下していると様々な病気にかかりやすくなります。
まずは免疫機能を高めるために生活の質を上げていくことが重要です。
肌に直接触れる衣服やタオルは柔らかい素材に変えたり、石鹸やシャンプーは自然由来のものに変えるだけでも肌への負担を減らす事ができます。
食事制限により症状が改善する場合もあります。
もし何か特定の食物がアレルゲンであるとわかっているのであれば、それを避けると症状が軽くなる可能性があります。

薬で症状を抑える

アトピー性皮膚炎に対して処方される薬は、アレルギー症状自体を出にくくするタイプのものと、出てしまった症状を緩和させるタイプのものがあります。
前者には「免疫抑制剤」、後者には「抗アレルギー薬」「保湿剤」などがあります。

「免疫抑制剤」は、体の免疫反応を抑える事でアレルゲンに対して過剰反応するのを抑えてしまいます
「抗アレルギー薬」は皮膚に出てしまったかゆみや炎症などの症状を緩和します
「保湿剤」は乾燥した肌を保湿してやわらかくします

また、アトピー性皮膚炎に対して処方される有名な薬に「ステロイド薬」があります。
「ステロイド薬」は私たちの体の中にもある副腎皮質ホルモンの働きを利用して作られた薬で、抗アレルギー作用と免疫抑制作用を兼ね備えた働きをします。
「ステロイド薬」は効果の強さが強い物から弱い物まで種類が豊富で、症状の度合い・部位・年齢などによって使い分けます。

「抗アレルギー薬」は内服薬、「保湿剤」は外用薬、「ステロイド薬」と「免疫抑制剤」は内服薬と外用薬両方の形があります。

薬の種類 作用 外用薬 内服薬
免疫抑制剤 免疫反応を抑える
抗アレルギー薬 かゆみ・炎症の緩和
保湿剤 保湿
ステロイド薬 免疫抑制・抗アレルギー作用

なぜアトピー性皮膚炎にはヒルドイドなのか?

ヒルドイドの代謝促進作用が効く

ヒルドイドには保湿以外に代謝促進作用もあります。
これにより肌にうるおいを与えるとともに傷付いた表皮の細胞を新しく再生し、バリア機能を回復させていく事が可能です。
アトピー性皮膚炎の跡は色素沈着として残りやすいため、完治後の見た目を良くするためにもヒルドイドによる保湿はおすすめです。

保湿剤を使う際の注意点

保湿剤には基本的に炎症やかゆみを緩和させる作用はありません
そのため炎症が起きる前の予防や治まった後のケアに利用するのが正しい使用方法です。
炎症や腫れが出ている場合は、まずはステロイド薬などで症状を鎮めましょう。
ヒルドイドには血行促進作用や血液の凝固を抑制する作用があるため、炎症している部分に塗るとかえって悪化してしまう事があります。

ヒルドイド以外の保湿剤を使用する場合も、炎症がある場合は塗るのを避けた方が無難です。
ワセリンなどの油脂性の保湿剤の場合は皮膚に蓋をしてしまうので、炎症による熱がこもってしまいかゆみが強くなる可能性があります。
尿素入りの保湿剤のは刺激が強いので、弱った肌に塗るとしみて痛みを生じます

肌状態をよくチェックして正しい薬を塗り分ける事がアトピー性皮膚炎の治療では大切です。

治ったと思っても油断しちゃダメ!続けることが大事です

アトピー体質の人はもともとの皮膚が弱いので、炎症が治まった後も乾燥肌になりやすいです。
そのまま放置するとアレルゲンや外部刺激によりアトピー性皮膚炎を再発症する場合もあるので、1度沈静化しても保湿は続けていった方が良いです
また、アトピー性皮膚炎による色素沈着や、ステロイドによる色素脱失がある場合もヒルドイドで改善する事が可能です。
肌に目立った跡が残っていない場合や、病院へ行く時間が取れない場合は市販のローションや保湿クリームを使っても問題ありませんが、なるべく刺激の少ないものを選びましょう

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。