やけどにも効果てきめん!ヒルドイドなら傷跡を残さずにケアできる!

ヒルドイドジェル

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

高温だけじゃない!やけどの原因と症状

やけどの原因となるもの

  • 高温
  • 電流
  • 化学薬品
  • 放射線

高温

「やけど」と聞いて真っ先に連想するのが高温によるものです。
私たちの身近にも熱湯やてんぷら油、アイロンなどやけどの原因となるものが多く存在します。

また、ノートパソコンの発熱やホットカーペットなど、少し触れただけでは大した熱さを感じないものであっても、長時間接触する事により「低温やけど」と呼ばれるやけどの症状を発症する場合があります。
私たちの細胞組織はタンパク質でできていますが、実はこのタンパク質は43℃程度の温度で変性してしまいます
細胞内には大量の水分を含んでいるため普段の生活では急激な熱変化が起こらず問題となりませんが、長時間接することにより徐々に水分が蒸発してしまうとやけどが起こってしまいます

電流

感電した場合もやけどは起こります。
私たちの体に電流が流れると、電気抵抗により熱が発生します。
すると、電流の通った部分の細胞組織の水分が奪われ細胞組織が破壊されてしまいます
雷の落ちた樹木が燃えたり焦げたりするのはこのためです。
古い家電製品などは保護の被覆も老朽化して剥げている場合があるので危険です。
塗れた手でコンセントや配線を触らないように気を付けましょう。

化学薬品

酸性・アルカリ性の薬品で皮膚がただれる症状も「化学熱傷」というやけどの1種です。
あまり劇薬に触れる機会はないと思いますが、業務用などの強い洗浄力の洗剤や漂白剤の場合、触れると皮膚が溶けてしまう危険性があります。
特に目や粘膜には付着しないように気を付けましょう。

放射線

放射線によるやけどは、いわゆる「被爆」というものを想像するとわかりやすいです。
放射線は強いエネルギーを持っているため、大量に浴びると細胞組織が傷ついてやけどのような症状が表れます。
広い意味で捉えると「日焼け」も紫外線という放射線によるやけどと言えます。

やけどの症状

やけどになると炎症・腫れ・ただれ等の症状が出ます。
やけどの酷さは皮膚のどの層まで損傷しているか、Ⅰ度~Ⅲ度までの熱傷深度で表されます。
広範囲のやけどの場合は全体が同じ深度というわけではなく、症状の軽い部分と重い部分が混在する形になります。

深度 障害組織 症状 治療期間 傷跡
Ⅰ深度 表皮(角質) 発赤・痛み 数日 残らない
浅達度性Ⅱ度 表皮(~基底層) 水膨れ・腫れ・知覚鈍麻 数10日 ほぼ残らない
浅深達度性Ⅱ度 表皮(乳頭下層) 水膨れ・腫れ・知覚鈍麻 2週間以上 残る可能性あり
Ⅲ度 皮下組織 乾燥・壊死・炭化・無痛性 1ヶ月以上 残る

やけどしてしまった!治療はどうすればいいの?

熱傷深度に関わらず、やけどしてしまった場合はすぐに流水で患部を冷やしましょう
衣服を着用している場合、脱がそうとすると皮膚が剥がれてしまう可能性があるのでそのまま水をかけるようにします。
深度Ⅱ度以上で腫れやただれなどの症状が出ている場合や、広範囲をやけどした場合はなるべく早く病院へ行き治療してもらいましょう
特に皮膚が破れるなど外傷のある場合は感染症の危険性が高まるので正しい処置が必要となります。
皮膚の損傷が酷い場合には自然治癒が追い付かず、「植皮」という皮膚の移植が行われる場合もあります。
深度Ⅰ度程度の軽いやけどであれば患部を清潔に保ちながら自宅治療する事も可能です。

ヒルドイドはケロイドの治療・予防にも使われています!

なぜやけどにヒルドイドが効果的なのか?

表皮よりも深いやけどは傷跡が残りやすく、肌の色や外見が周囲と異なってしまうため目立ちます。
時間が経って古傷になると新陳代謝が衰えたまま戻らなくなるため、早期に正しい処置を行う事が重要です。
やけどを受けた部分は毛穴や汗腺が失われ乾燥しやすくなっているので、腫れが引いてきた段階から保湿を開始すると効果的です。
ヒルドイドを利用すれば保湿しながら皮膚の再生を促す事ができるので跡が残りにくくなります。

また、やけど跡は体質によってはケロイドを形成する場合があります。
怪我をした際には線維芽細胞という細胞が働き、傷口を埋めて修復しようとします。
ケロイド体質の人の場合は傷が完治した後も線維芽細胞の働きが止まらずに組織を増殖させるため、患部が盛り上がりケロイドを形成します。
ヒルドイドには線維芽細胞増殖抑制作用があり、その有効率はヒルドイドクリームでは75.5%となっています(ヒルドイドクリーム0.3%添付文書)。
そのほかソフト軟膏・ローション・ゲルにおいても「効能・効果」の欄にケロイド治療・予防の記載があり、正しい使い方である事がわかります。

ケロイドになる前の予防にも使用できるので、やけど跡がケロイドになると困るという場合には早めに病院で相談して処方してもらうと良いでしょう。

どうやって使えばいいの?

1日に2~3回、患部に直接塗るだけでOKです。
患部の乾燥が酷い場合にはこまめに塗り直すと効果が高まります
広範囲に塗る場合はクリーム・ローションが伸びが良く使いやすいです。
厚めに塗りたい場合はソフト軟膏・ゲルを絆創膏やガーゼに塗って貼りつける方法もあります。
やけど跡はデリケートになっており日光に当てると跡が残りやすいので、腕などの露出する部分の場合はガーゼなどでカバーしておいた方が良いかもしれません。

やけどの初期から塗り始めれば軽いものであれば2~3週間で傷跡が残らず綺麗に治ります
古いやけどほど跡を消すのに時間がかかるので、目立たなくなるまでは毎日塗り続ける事が重要です。
綺麗に皮膚が入れ替わり跡が消えてしまえば塗布はやめて構いません。

やけどに使用する場合の注意点

ヒルドイドには血液を凝固しにくくする作用があるので、皮膚が剥がれて出血している場合やただれている場合は表皮が形成されるまで塗ってはいけません
また、ヒルドイドには血行促進作用があるため赤みや腫れがある場合も治まってから塗った方が安全です
血行が良くなることによりかゆみが出たり炎症が酷くなる事があります。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。