うっかり日焼けでヒリヒリ…ヒルドイドはそんな時にも使えるの?

ヒルドイドジェル

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

甘く見ると怖い!?日焼けは軽度のやけどです!

日光に含まれる紫外線は波長の長さによりUV-A・UV-B・UV-Cの3種類に分けられています。
波長がもっとも長いものがUV-A、もっとも短いものがUV-Cとされ、波長が短いほど生物に与える影響が強く危険とされています。
UV-Cはとても危険性が高いのですが、オゾン層を通過できず地上に届かないため私たちの身体に影響を与える事はほとんどありません。
UV-AとUV-Bは地上に降り注ぎ、日焼けを代表とする様々な症状を引き起こす原因となります

日焼けの症状

一般的に「日焼け」と呼ばれる症状は2種類あります。

  • サンバーン
  • サンタン

サンバーン

夏に長時間日光を浴びると皮膚に炎症や発熱、痛みなどの症状が出てきます。
これらはサンバーンと呼ばれる日焼けの症状で、重症になると水膨れなどを伴う場合もあります。

サンバーンはUV-Bにより引き起こされる症状です。
UV-BはUV-Aの数百倍の有害性があるとされ、皮膚のDNAに大きな損傷を与えます
そのため、サンバーンではやけどと同様の症状が表れてくるのです。

サンタン

肌が黒くなるタイプの日焼けはサンタンと呼ばれます。

サンタンはUV-Aにより引き起こされる症状です。
UV-Aは即座に皮膚に影響を与える程の有害性はありませんが、長期的に浴びるとしわやたるみなど皮膚の老化を招いてしまいます。
UV-Aを浴びた皮膚は、これ以上紫外線を吸収してしまわないように防御機能を上げようと働きはじめます。
表皮ではメラニン色素が生成され、これが肌を黒くする原因となります
メラニン色素には紫外線を吸収する働きがあるため、メラニン色素が増えた表皮はバリアとなり紫外線が皮膚深くまで到達するのを防いでくれます

黒くなるのは皮膚が強くなっている証!

美白を目指す女性にとっては、サンタンで肌が黒くなるのは悩みです。
しかし、黒くなるという事は皮膚の防御機能が正常に働いている証拠です。

白人や肌の色の薄い人はもともとの皮膚のメラニン色素が少ない事に加え、メラニン生成機能も衰えてしまっているためサンタンにはなりにくいです。
果たしてこれは良い事なのでしょうか?
身体がメラニン色素を作れないという事は、紫外線から皮膚を守る方法を持ち合わせていない事という事です
肌の老化だけでなく皮膚ガンや白内障などの病気の発症率も大幅に上がります。

肌が黒くなる事自体は健康の観点から見れば全く悪い事ではありません。
日焼けしても真っ赤になるだけであまり黒くならない、という場合は要注意です

効果的な日焼け対策法は?

紫外線をなるべく浴びないようにする

1番簡単な紫外線対策の方法は、日傘やアームカバー、サングラスなどの対策グッズを利用して直射日光を浴びないようにする事です。
夏にはUVカット素材を使用したファッションアイテムなどもたくさん発売されるので活用すると良いでしょう。

紫外線量は日差しの強い夏に多く、冬に少なくなるイメージがあると思いますが、1日のうちでも大きな変化があります。
紫外線の強さは正午が最も高く、朝7時と昼12時を比べると8倍以上の差があります。
外出予定はお昼を避けてなるべく朝のうちか夕方以降にすると、それだけでも紫外線対策としては大きな効果があります。

塗り薬などを利用する

日焼け止め

日焼け止めには塗布部分に照射した紫外線を跳ね返す成分や、紫外線を吸収する成分が含まれています。
そのため、塗るだけで紫外線から皮膚を守る事ができます。

日焼け止めの効果の強さはSPF値とPA値で表されます。
SPF値はUV-Bへの効果の高さを示しており、値が高いほどUV-Bが皮膚に影響を与えるまでの時間を稼ぐことができます。
例えば、日焼け止めを塗らなければ10分でサンバーンが出てしまうような場合であれば、SPF20の日焼け止めを塗れば20倍の200分まではUV-Bを浴びてもサンバーンにならずに済みます。
PA値はUV-Aの防止効果の高さを示しています。

SPF値やPA値の高い日焼け止めは効果が高くなりますが、それだけ強力な成分を用いているので肌へかける負担も上がってしまいます
通勤や買い物などのちょっとした外出時に使うだけであればそれほどSPF値は高くなくても効果があります。
逆に屋外スポーツや登山など長時間紫外線を浴びそうな場合や、なかなか日焼け止めを塗り直すタイミングが無さそうな場合には少し値の高いものを塗っておいた方が安心です。

UVカット化粧品

化粧下地やファンデーション、口紅などにも日焼け止め同様にUVカット効果がある商品が売られています。
顔は化粧をしてしまうとなかなか日焼け止めを塗り直すのが難しいので、このような商品を活用すると便利です。
化粧直しをするだけで日焼け止めを塗り直したのと同じ効果が得られます

サンオイル

「サンオイルは日焼けするためのもの」というイメージがありますが、広く捉えるとサンオイルも日焼け対策グッズと言えます。
サンオイルの多くは日焼け止めと同様にSPF値の表記があり、「UV-Bによる炎症を防ぎながらUV-Aのみを効率的に肌に吸収させて綺麗に焼く」というのが本来の使用目的です。
小麦色の肌には憧れるけど、真っ赤になって痛い思いはしたくないという人にはサンオイルがおすすめです。

日焼けしてしまったらどうすればいいの?

しっかり対策しているつもりでも、うっかり日焼け止めを塗り残してしまう事もあります。
また、日射量がそこまで多くない季節であっても少しずつ紫外線を吸収して気付けば薄っすらと焼けてしまっていたという場合もあります。

サンバーンで炎症や痛みがある場合は、まずは塗れタオル・保冷剤などで冷やして沈静化させましょう

サンタンで黒くなった肌は放っておいてもターンオーバーで次第に薄くなっていきます。
紫外線の刺激を受けた肌は弱っているので、すぐに治したいからといってあれこれケア用品を使うとかえって良くありません。
ビタミンC・ビタミンE・リコピンなどの肌に良い成分を積極的に摂取する事で内部から治していく方法もあります。

日焼けはヒルドイドでも手入れできる!

炎症が治まった後であれば、サンタンで黒くなった肌はヒルドイドで薄くする事ができます
ヒルドイドで代謝促進させてどんどん新しい皮膚と入れ替えていくと、何もケアしない場合と比べて早く元の肌色を取り戻す事ができます。
日焼けにより水分が減少し乾燥した肌は、さらに日焼けしやすい状態となっているため、ヒルドイドで保湿する事で悪化防止にもなります

ただし、ソフト軟膏・クリーム・ローションには油分が含まれているので、ヒルドイドのみを塗って外出するとかえって焼けやすい状態を作ってしまう可能性があります。
日焼け止めと併用したり、外出の際はヒルドイドを塗らず帰宅してから塗るようにすると良いでしょう。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。