ヒルドイドのジェネリックってあるの?効果に差はある?

ヒルドイドジェル

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

ジェネリック医薬品ってどんなもの?

ジェネリック(generic)という単語には「一般的な」「商標登録されていない」などの意味があります。
「ジェネリック医薬品」は、先発医薬品の物質特許が切れた後に同じ有効成分を利用して作られる医薬品の事を指します。
医薬品は20~25年で物質特許が切れるため、開発元とは別の会社で同じ有効成分を使った薬を作る事ができるようになるのです。
ジェネリック医薬品は「GE医薬品」「後発医薬品」などと呼ばれる事もあります。

先発医薬品とほぼ同じ?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品を使用していた人でも抵抗なく同じ使い方ができるような薬でなければいけません。
そのため、ジェネリック医薬品を製造する場合、「有効成分の種類と含有量」「用法・用量」「効能・効果」については先発医薬品と同じでなければいけない決まりとなっています。
これらが同じであれば他の部分は先発医薬品と異なっていても使い方に大きな違いはないため、使用者に混乱を招く事はないと考えられています。

先発医薬品と異なる部分は?なぜ変えるの?

薬の形状や色などの見た目や添加物・においなどはジェネリック医薬品と先発医薬品では異なっている場合があります。
「わざわざ変える必要はないのでは?紛らわしいじゃないか」と思うかもしれませんが、これらの部分は厳密には「変えても構わない」というより「変えざるを得ない」と言った方が正しいです。

ジェネリック医薬品は特許切れの先発医薬品の代替薬品のような位置付けである事は先ほど説明しました。
しかし、先発医薬品の特許が切れたのはあくまで薬の本体となる「有効成分(物質特許)」の部分のみである場合が多いです。
添加物や薬の見た目などは「製剤特許」というまた別の特許権が発生しており、この部分がまだ先発医薬品を製造した会社に残っている場合は特許侵害をしてしまわないように変えなければなりません。
もちろん製剤特許も切れてしまっている場合は、添加物や見た目も先発医薬品と同じものを製造しても問題はありません。

ジェネリック医薬品が先発医薬品より安いのはなぜ?

ジェネリック医薬品が先発医薬品より安い価格で販売されているのは、開発費用が少なくて済むためです。
1から全く新しい薬を作ろうとすると開発には長い期間がかかります。
開発にかかった費用は薬の販売が開始されてから価格に上乗せする形で回収するため、新薬の価格はどうしても高くなってしまいます。

ジェネリック医薬品の場合は、有効成分は既に販売されている先発医薬品と同じものを利用するため新たに開発する手間がかかりません。
そのぶん開発期間が短く、費用も少なくて済むため先発医薬品と比べると安い価格で販売できるのです。
ジェネリック医薬品の価格は先発医薬品の2~5割程度に設定されています。

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

メリット

ジェネリック医薬品のメリットは何と言っても値段の安さです。
薬を安く購入できる事は利用者にとって嬉しいだけでなく、国全体の医療費の削減にも繋がります。

また、薬によってはジェネリック医薬品の方が改良がされていて効果や安全性が高いという場合もあります。

デメリット

「ジェネリック医薬品は先発薬と同じ効果で使い方も同じ、そして安い」と、一見して欠点など無いように思えます。
しかし、日本ではまだまだジェネリック医薬品は普及しているとは言えない状況です。
1番危惧されているのが「本当に安全なのか?」という点です。
つまり、薬に対する安心感や信頼度が先発医薬品と比べてどうしても低くなってしまいがちだという事です。

ジェネリック医薬品は開発期間が短くて済みますが、その分薬の情報量が先発医薬品よりどうしても少なくなってしまいます。
臨床データの無い薬も多く、医師や薬剤師の間でも処方に躊躇してしまい、それならば先発薬を出した方が間違いが無くて良いだろうという判断をする場合も少なくありません。
また、既に先発医薬品を使用している患者側からしても、期待した効果が得られるかどうかわからないジェネリック医薬品よりもきちんと効果を感じられる先発医薬品の方が使い慣れていて良いと思うのが自然です。

ジェネリック医薬品はなかなか普及しない、売れずに在庫を抱えてしまうくらい取り扱いを辞めてしまうという病院もあります。
そして、ジェネリック医薬品を試してみたいという患者がいても、このような病院にかかってしまうと処方がされないので購入の機会を失ってしまう事になります。
ジェネリック医薬品のデメリットは情報量の少なさからくる不信感と、普及率の低さ故の購入経路の不安定さだと言えます。

ヒルドイドにもジェネリック医薬品がある!

ヒルドイドは1954年に販売が開始されました。
物質特許が切れているため、ジェネリック医薬品の製造・販売がされています。
ヒルドイドのジェネリック医薬品は「ビーソフテン」という名称で販売されているもので、ヒルドイドと同様に有効成分としてヘパリン類似物質を0.3%含んでいます。
価格はヒルドイドが1gあたり23.7円であるのに対し、ビーソフテンが9.0円と4割弱程の設定となっております。

ヒルドイドの知名度がとても高く、病院でも特に指定しなければヒルドイドを処方される事が多いため、ビーソフテンを目にする機会はあまり無いかもしれません。
今までヒルドイドを使用していたけどビーソフテンに切り替えたい・使ってみたいという場合は病院でジェネリック医薬品希望と伝えてみると良いでしょう。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。