赤ちゃんも安心 ヒルドイドは低刺激な保湿剤

ヒルドイドジェル

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。

赤ちゃんの肌は柔らかくとても繊細

赤ちゃんの肌はふっくらモチモチとしていてとても健康的に見えます。
赤ちゃんの肌の細胞の数は大人と同じなので表面積が狭い分密集してキメ細かい肌に見えるのです。

しかし、実際には赤ちゃんの肌は未発達でとても繊細です。
表皮や真皮が大人の半分程度の厚さしかないので、それだけ皮膚のバリア機能も低くなっています。
衣服の摩擦などのちょっとした刺激にも弱く、ダメージを受けた肌に食べこぼし・ハウスダスト・花粉などのアレルゲンが接触を繰り返す事によりアレルギーを発症する場合もあります。

汗腺や皮脂腺のはたらきも安定していません。
生後まもなくは母親からのホルモンの影響で皮脂の分泌量が多くなっていますが、3~4ヶ月を過ぎた頃からは急激に減少し始めます。
また、汗腺の数は大人とほぼ同じなので大量の汗をかきます。
皮脂の分泌量が少ないにもかかわらず汗をかき身体の水分量が減少すると、皮膚はとても乾燥しやすい状態になります。
新陳代謝も活発なため垢や老廃物が肌表面に溜まりやすく、そのままにしておけば乳児湿疹やあせもの原因にもなります。

赤ちゃんの肌ケアは具体的にはどうすれば良いの?

肌を清潔に保つ

汗や汚れを放置しておくと雑菌も発生しやすく健康に良くありません。
汚れたらすぐに拭き取ってあげる事はもちろん、毎日きちんとお風呂に入れて全身を洗ってあげましょう。

「湯冷めするので毎日入れると身体に悪い・風邪をひきやすくなる」という人もいますが、そんな事はありません。
赤ちゃんの代謝量は大人の3倍以上とも言われます。
つまり、赤ちゃんを丸1日お風呂に入れなければ、それは私たち大人が3日以上お風呂に入らないのと同じくらい不衛生な状態を作っているのです。
湯冷めが気になる場合は入浴時間を日中の暖かい時間帯にしてみたり、洗面所にヒーターを設置するなどして温度変化の少ない環境を整えてあげてください。
毎日お風呂で赤ちゃんの身体の隅々までチェックする習慣をつけておけば、何か異常があった場合の早期発見にも繋がります。

石鹸・洗剤の選び方

石鹸・ボディソープは添加物や刺激成分の少ない物を選びましょう。
よく泡立て、泡を肌に乗せるようにして優しく手洗いしてあげると肌を傷付ける心配が無く安心です。

逆に衣類用の洗剤の場合は無添加だと洗剤カスが残りやすく、カビが発生する原因にもなり良くありません。
しっかりすすぎ洗いをすれば衣類に有害物質が残る事はほとんどないので、そこまで洗剤選びに神経質にならなくても大丈夫です。
合成洗剤の場合は何度も洗ううちに布地がかたくなりごわついてくるのが気になるかもしれません。
そんな時には赤ちゃんにも使える無香料の柔軟剤がおすすめです。
柔らかい衣類は肌にも優しく、赤ちゃん自身も安心感を感じるため寝つきが良くなるといった効果もあります。

タオルは普通のもので良いの?

赤ちゃんの肌を拭いてあげる場合はガーゼを使うのがおすすめです。
ガーゼは肌ざわりが柔らかく、吸水性も良いので皮膚へかける負担が少なくて済みます。

おしりふきや手・口周食べこぼしなどを拭き取る際にはウェットティッシュを使用する場合も多いと思います。
ウェットティッシュの場合はアルコールや香料を含むものは刺激が強いので、なるべく含んでいないものを選んだ方が安心して使用できます。

肌の乾燥を防ぐ

身体を洗ったり肌の汚れを拭き取った後は油分が奪われとても乾燥しやすい状態です。
そんな時は保湿剤による乾燥対策が有効です。
顔や手足などの衣服で覆われていない部分は刺激を受けやすく特に乾燥しやすい部分なのでしっかり保湿ケアしてあげましょう。

部屋の温度管理にエアコンやストーブを利用する事も多いと思いますが、空気がとても乾燥しやすくなるので加湿器などを併用して同時に湿度管理も行いましょう。
加湿器を用意できない場合は濡れタオルを部屋の中に干しておくだけでも効果があります。

保湿する事で肌のバリア機能も高まり、アレルギーやアトピー性皮膚炎の発症率も下がります。
ただし、保湿剤を使う場合は刺激の強い成分が含まれると逆効果になってしまいます。
市販の保湿剤を購入する際は「赤ちゃん専用」「アレルギーテスト済み」などの表示のあるものであれば、ある程度安心して使用できます。

ヒルドイドなら赤ちゃんでも安心!

保湿剤は病院での処方も!

どんな保湿剤を使って良いのかわからない、市販の薬は何が入っているのかわからず不安だという場合は病院で処方してもらうのも1つの手です。
ヒルドイドは副作用が少なく安全性が高いため、赤ちゃんの乾燥肌対策にもよく処方される保湿剤です。
ヒルドイドなどの医療用の保湿剤が必要な場合は皮膚科や小児科で相談してみると良いでしょう。

こんな時は要注意!

肌のかさつきが酷い・怪我をしている・アトピー性皮膚炎を発症しているなどの場合はヒルドイドの使用は少し注意が必要です。
ヒルドイドには保湿以外に血行促進作用や血液を固まりにくくする作用があるため、出血や炎症がある部分に塗ると悪化してしまう可能性があります。
保湿剤を塗りながら肌状態のチェックも同時に行ってあげましょう。

ヒルドイドクリーム

ヒルドイドは、主に「保湿」「血行促進」「抗炎症」の作用を持ち、傷跡や炎症の治療からスキンケアまで幅広い用途に使用できるお薬です。

---本日注文すると最短で1月29日(月)に届きます。---

ヒルドイドは、あんしん通販薬局で購入できます。
ボタンを押すと注文ページに移動します。